制服の可愛いファミレス巡り

序章


数日前…

俺(CEO)は会長宅にいた。
暇な俺は何か面白いものはないかと部屋を漁っていた。
「やっぱりお前んちはこれしか見るもんがないな。」
と俺はある一冊の写真集を手に取った。
酒井若菜の「wakana*」だ。
いつものようにパラパラとめくる。
会長の家に行くと、この写真集を見るのが俺の日課(?)となっている。
何回か見ているにもかかわらず、このとき初めてある写真がふと目についた。
それは酒井若菜がアンミラの格好をしているものだった。
(ちなみに俺はこの時点ではアンミラについては単語を聞いたことがある程度だった。)
俺「こんな格好のウェイトレスいねえよ。(笑)」
会長「いや、それ確かアンナミラーズとかいう所の制服やで。」
俺「まじで!?」

そう。これが全ての始まりだった。
たったこれだけのことで俺らの東京行きは決定した。
ちょうど余った18切符の処理に困っていたところだ。
東京までは当然のごとく18切符で行こう。
ちなみに俺らは京都在住ね。
俺の実家は東京なんで、宿泊は実家で。
でも場所は教えません。ファンが殺到すると困るんでね。
その晩からネットでの情報収集を早速開始。
アンミラだけでは時間が余りすぎるので、ついでにいろんな制服を見に行くことになった。
そこで行くところはアンミラ、神戸屋、ブロンズパロット、馬車道に決定。
ブロパは立川にしかないらしい。お!アンミラが立川にあるな。
おお!神戸屋が国立にあるぞ。この辺行きゃあ完璧だ。
馬車道は八王子にあるから帰りで。
と思ったがそれだけじゃつまらんということでお台場に行くことになった。
うーんと、お台場にもアンミラと神戸屋があるな。ふふん。完璧。
よし!あとは行くだけだ!さあ会長に電話電話。
俺「明日行こう!」
会長「明日はバイト。」
俺「じゃあ明後日。」
会長「じゃあ明後日で。」
決定!ここまで1週間もかかってない。なんて行動が早いんだ。
みんなもこのすばらしい行動力と積極性を見習ってくれたまえ。
これを読んで俺らを雇いたくなった人事課の人は御一報あれ。←そんな奴いねえよ



戻る 第一章へ