制服の可愛いファミレス巡り

■第三章〜神戸屋国立よりちょい東店〜■


首都高を降りて甲州街道を突っ走ってると・・・
あっ神戸屋だ!突然の神戸屋発見。
そんなこと言われても、車は急には止まれない♪
ぐるぐる回って、駐車場でも四苦八苦してなんとか到着。
おお。あの制服だ。
神戸屋の制服は言うなれば、ロングスカートのアンミラ。
そんで青のチェック柄。
うむ。なかなか。
でもけっこう普通だなあ。
やっぱりアンミラのインパクトが強すぎたか?
それにけっこう店内広いのに女の子が二人しかいない。ぶぅ。
しかもルックスがイマイチ。
けっこうかわいいんだけど、アンミラと比べちゃうとね。う〜ん。
とりあえず注文。
パンバイキングというのがあったので、当然それにする。
やはりウェイトレス観賞はバイキングが基本。
はい。ここテストに出るよ。
パンをウェイトレスが籠に入れて持ってきてくれるんだが、これは・・・かわいい。
あれま、かわいいわ。こりゃ。
アンミラと違ってエロさはないが、清楚な感じでかわいい。
しかもまたも胸がでかい。アンミラの娘には負けるが。
もしや胸のでかさで取ってるんじゃあなかろうな?
あっもう一人はちっちゃいや。違うらしい。
でもそんななのに案外とエロさがないんだよな。なんでかな?
まあいいか。かわいいし。
ここはこんなとこっす。比較的普通。
でもあの姿はかわいかった。ごちそうさまでした。



第二章へ 戻る 第四章へ